Google AdSenseで広告を表示するまでに躓いた事

はじめに

この度、めでたくGoogle AdSenseが利用出来るようになりました(∩´∀`)∩
実は、このブログにGoogle AdSenseを導入するのは、2年越しの悲願でした。
(とは言っても、殆どの期間は動いて居なかったというのもありますが

今回の記事では、Google AdSenseが使えるようになるまでに、実際に出くわした障害について紹介していきます。

出くわした障害

私が出くわしたのは、珍しいもの(現状のAdSense上だとシステム化されていない為、Google社員の方に実際に対応を行ってもらった)で、
具体的に言うと、私が持っているアカウントが、AdSenseアカウントなんだけど、AdMobだけ利用できるアカウントになっており、
AdSenseでコンテンツ(この場合Webサイト)が扱えるようにアカウントのアップグレードが必要になっていました。

この状態の問題点は、AdSenseアカウントがあり、見かけ上コンテンツアカウントもあるように見えるので、Webサイトを審査する口がありません
んで更にたちが悪いのが、広告ユニットの作成まで出来てしまいます。
ただ、上述の通りAdSenseのコンテンツを扱えるようにはなっていないので、広告ユニットは作成出来ますが、広告が表示されません(広告が配信されていない)。

何故こんなことが起きたのか?

Project UnknownではWebサイトよりも先にアプリの方を仕上げて、アプリ内に広告を出す為にAdMobを登録しておりました。

www.project-unknown.jp

実際にKeyHolderがリリースされたのは、2015年なので、この記事を書いている段階では2年前ですね。

そして、2015年 -> 2017年の間にAdMobがGoogleに吸収されて、AdSenseでAdMobが取り扱えるようになりました。
この際に、AdMobアカウントを持っている人は、AdSenseアカウントを自動的に付与されました。
このアカウントが特殊で、AdSenseアカウントは持っているけど、AdMobしか取扱えない(しかも見かけ上コンテンツも取り扱えるようになっている)状態となります。

対応策

実質、この状態になったら、こちらでは何もすることが出来ません。
問い合わせが多いのかわかりませんが、Google社に直接尋ねる口すらありません。
(AdSense管理画面にフィードバック画面はありますが、あくまでbugfixを送るものなので解答は期待できません)

ではどうするか?

ユーザ同士が助け合うフォーラムがあるので、そちらで起票するしかありません。
このフォーラムの中で、Google社員の方と繋いでくれる人が現れるのを待ち、繋いでもらう形となります。

実際に赤裸々ですが、やり取りしたフォーラムです。

結果として、対応と同時に審査も行って戴いてみたいで、審査も無事通過しました。
(この問題の後に審査が控えていると思って身構えていたので拍子抜けでしたが…(;・∀・)

ここまでがイレギュラーな障害で、お次は他のサイト様でも記載されている、私が行ったAdSense対策です。

AdSense審査対策

他のサイト様を見ていると本当に色んな手を記載していたのですが、、、あまりに忙しくて実施することが出来ませんでした。
やったのは、8月中旬から9月上旬までほぼ毎日、ボリューミーな記事を投稿し続けた事ですかね。
ただ、実際に審査が行われたであろう日は、9月中旬なので、審査中にリアルタイムに更新し続けれては居ませんでした。

後は、画像を多様しちゃ駄目と言う記事もよく見かけたのですが、他の記事を見ても分かる通り、このブログでは画像をふんだんに使ってます
技術系の話題をメインに取り扱っているので、画像がなかったらどうしても内容が薄い記事になってしまうので…。

後気をつけた事としたら、最近の記事は、私が躓いた事や時間が掛かった事を紹介して、ブログ閲覧してくれる人に同じ轍を踏んでほしくない思いから、自分で言うのも変ですが、かなり丁寧に書いたくらいですかね(と言うか、記事自体が後で私が見た時に躓かないようのメモ代わりにもしているので詳細に書いておきたいんですよね)

なので、纏めると
他の人が役に立ちそうな記事を丁寧に書く。
が私が取った対策なのかもしれません。

はてなでAdSenseを載せるには

まず、はてなブログProアカウントにならないといけません。
Proじゃないと、はてなが設定する広告が勝手に出てしまうので、AdSenseの設定が出来ません。
(最近独ドメ取ったのは、Proにした勢いです…)

逆に言うと、はてぶProになればAdSenseの準備が整ったと考えても良いかもですね。

さいごに

AdSenseが取り扱える嬉しさから記事を書きたくて書いてきたのですが、眠気が限界でちょっと端折りが多い記事で申し訳ありませんmm
オーダーがあればもうちょっと細かい記事を書きたいと思います。

written by ゆう@あんのうん