本当に書いた、怖いソース (swift編) viewDidLoadの肥大化 Initialization Closure

はじめに

どうも、どうまずです。
本当に書いた、汚いソース第2弾です。

今回はどんな怖いソースが出てくるのか・・・・

viewDidLoad

まずはこちらのソースをご覧頂きたい。

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    
    mainCollectionView.delegate   = self
    mainCollectionView.dataSource = self

    // xibの読み込み
    self.mainCollectionView.register(UINib(nibName: MainNibName.title.rawValue, ・・・
    //以下略




おわかり頂けただろうか・・・
一見なんの変哲もないviewDidLoadですが、

書きすぎなんです

サンプルなどでも、delegateやdataSourceはviewDidLoadに記載されていることが多いのですが、本格的なアプリ開発になればなるほど、このviewDidLoadが長くなるんです。

そのため、ViewDidLoadに記載しなければならない処理は極力外だし・メソッド化して、読みやすくしとくようにしましょう。

修正後のソースは下記の通りです。

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    
    collectionViewInitialize()
    
    // xibの読み込み
    self.mainCollectionView.register(UINib(nibName: MainNibName.title.rawValue, ・・・
    // 中略
}

func collectionViewInitialize() {
            
    mainCollectionView.delegate   = self
    mainCollectionView.dataSource = self

}

今回はちょっと過剰かもしれませんが、 viewDidLoadを簡素化しておくという発想が大切です。

さらに初期化でいろいろ記載することがあるようならば、 「Initialization Closure」という方法もあるようです。

参考サイト

qiita.com

例えば、下記のように単純なラベルを表示するコードがあるとします。

let testLabel = UILabel()
override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
    
    testLabel.text      = "どうまず"
    testLabel.textColor = UIColor.blue
    testLabel.frame     = CGRect(x: 0, y: 0, width: 100, height: 50)
    
    view.addSubview(testLabel)
}

これもviewDidLoadの簡素化の観点からどうにかしたいソースです。
これを下記のように、クロージャで初期化しちゃいます。

let testLabel = {() -> UILabel in
    let label       = UILabel()
    label.text      = "どうまず"
    label.textColor = UIColor.blue
    label.frame     = CGRect(x: 0, y: 0, width: 100, height: 50)
    return label
}

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()
        
    view.addSubview(testLabel())        
}

これでviewDidLoadには必要最低限の記載だけになりましたね。
私はaddSubViewを殆ど使ったことなかったので、こんなやり方もあるんだとちょっと驚きました。
ダイエット方法はいろいろありますね。頑張って痩せなきゃ・・・

注意

レビューアの観点によって、諸説あります。