KeyHolder2.3.0 リリース前情報やら、今後の展望、今のKeyHolderのユーザ数等のKPIについて展開

はじめに

今日はKeyHolderについてです。
もうすぐKeyHolder - 2.3.0をリリースできそうなので、その前記事になります。
この記事では、2.3.0でやったことや、今後の展開、ずっと公開していなかったKeyHolderのKPIについてさらっと紹介します!

project-unknown.hatenablog.com

Version 2.3.0について

Version2.3.0で何をやったの?

見た目の変化は殆どありません。

  • これまでIDとパスワード、タイトル全てを入力しないと保存できない仕様だったものを、タイトルのみ必須とし、他は任意にしました。
    • (これが何気に一番要望が多かったので…)
  • 後、強いて言うなら設定のレイアウトを今時なものに変更し、公式・TwitterへのURLを追加したくらいです。

じゃあ何が変わったの

内部は全て変わりました。
KeyHolderはこれまでObjective-Cで記載されていた(リリースが2015年なので仕方ないのですが)ものを、swiftにフルスクラッチで書き直しました。
どれくらい変更が加わったかと言うと

f:id:project-unknown:20170820035229p:plain

KeyHolderはBitbucketで管理しているのですが、ざっくり344ファイル分のコードが書き換わってます。
(;・∀・) こんだけ変更を加えているけど、見た目が変わっていないのでメジャーバージョンを変更できないジレンマ。
他ゲーム開発やUnityの勉強と並行して1日辺り30分ずつKeyHolderの対応を行い、約1月位対応に時間がかかったと言う…。

全てSwift化する事によって

Objective-Cでも勿論出来るのですが、今後の機能拡張がすごくしやすくなりました。
どうしてもObjective-Cだとコードが煩雑になって拡張し辛かったのですが、それがなくなったことで、以後のVersion up時の工数負荷が多少なりとも軽減する事が出来ました。

今後の展望について

以下に記載している内容はお約束は出来ません、ただ対応の検討を考えている次第です

バックアップ機能

非常に要望の多い機能ですので、是非とも提供したいとずっと考えています。
が、バックアップ/復元を行うと言う事は、ユーザのデータをAppから外に出す事になるので、セキュリティ上本当にやっても良いのか?に結論が出せておりません。
また、少しでもセキュリティを向上させる意味で、iCloud連携を行い、同一AppleIDでなら復元できると言うところも視野に入れているのですが、
内部のデータロジックがiCloudに対応していない為、中々着手できていない次第です。

ただ、最低限、tsvやcsvで出力だけでも良いから…と言う声も多いので、
責任を丸投げしているようにも聞こえるかもしれませんが、ユーザの責任下の元メールかなにかで外部に出力すると言うところは対応を入れたいと思います。
(ただ、この場合機種変等で復元をしたいとなると思うのですが、このやり方も考えないとですね)

ちなみに機種変時ですが、iTunesのバックアップから復元でパスワードを移すことも出来ますので、新規iPhoneが出るまでにこの対応が間に合わなかった場合は、そちらをお試しください。

指紋認証でマスターパスワードを解除する

これも要望の多い機能ですね。
こちらに関しては前向きに実装していこうと考えてます

検索機能の提供

私が一番やりたい機能ですというか、私がまず欲しいです。 KeyHolderはシンプルさを一番のウリにしており、余分な情報は登録出来なくしている為、登録は非常に簡単なのですが、パスワードを探すのが大変になっていると思っています。
実際にカテゴリ機能を提供しておりますが、パスワードの量が多くなると、カテゴリ機能もあまり機能して来なくなると思ってますし、
また並べ替え機能も提供していますが、これに関しては並べ替えに手間がかかる分、KeyHolderのコンセプトと逆行しているんですよね…。
なので、Spotlightライクな検索機能を用意して、文字を入力する毎に絞り込まれていくようにする事で、パスワードを取り出す作業もシンプルに高速に行えるようにしていきたいと考えております。

鍵生成

以外だったのですが、これについても要望がそこそこあります。
KeyHolderのコンセプトを壊さないように機能追加の方向で考えてます。

カテゴリの見た目

これもご要望戴いている所の機能です。
今のところ、どうするのか固まっていない状態ですが、

  • 色の付け方を変える
    • ただ、塗りつぶし等を行ってしまうと、文字色と似た色が設定されている場合、逆に見にくくなってしまう為、慎重に検討中
  • 画像を入れれるようにする
    • 凄い見やすくなって、個性が出るようになるのですが、、、
    • 最初は頑張って登録するんだと思うのですが、数が増えてくると画像を登録するのが億劫になってパスワードを登録しなくなるんじゃないか?の懸念が強いです
  • 文字を1文字 -> 2文字まで表示するようにする
    • AppleやGoogleはこの方式ですね。確かに1文字だけだとわからない時が多いので、これも対応しようと考えてます

広告

インタースティシャル入れたいです。本当に入れたいですが、、実際邪魔だし、KeyHolderは必要な時にさっと取り出して、さっと去っていくアプリで、
他のアプリやWebサイトからKeyHolderでパスワードを見て、またそのアプリやWebサイトに戻っていくまでが一連のUXなんですよね。
インタースティシャルを入れる事で、そのUXを崩してしまう事になり、KeyHolderの価値を確実に崩しかねないので、実装出来ていないです。

ただ、我々もボランティアでやっている訳では無いし、広告収益が無いと確実に赤字なので、広告収益をもっと増やしたい…。
今の画面下部の広告でもそこそこの収益は出していますが、活動資金の確保としてはまだまだ足りていません。

今のKeyHolderのユーザ数等のKPIについて

どこまで情報を出して良いのか判断しきれないので、凄いざっくりと展開します。

DL数

約13,000

DAU

約500DAU

MAU

平均7000MAU

月の収益

ゲームソフトは余裕で余裕で買える程度

総評

DL数は約13,000なのですが、MAUが約7000なので、一度DLして使って頂ければそのままお使い続けて戴いていると言う事がわかります。
アプリの性質上、Push通知などは打ってないので、ユーザが自分の意思でアプリを立ち上げると言う意味で、必須アプリの1つになりえていると伺えて、これは本当に嬉しい限りです。
(ツール系のアプリなので、使ってもらえれば息は長いですしね)

最後に

いつもKeyHolderをご利用戴いている皆様。
本当に有難うございます!これからもご愛用の程宜しくお願い致します!

何か問い合わせしたいこと等ありましたら、以下の公式Twitterか中の人の一人であるゆう@あんのうん宛にご連絡いただくか、「project.unknown.cs@gmail.com」までご一報くださいませ!

twitter.com

twitter.com

まだお使いになられていない皆様。

是非とも使ってみてください!w

project-unknown.hatenablog.com

他のサイト様に掲載されてました

有難うございますmm

applinote.com

trafalbad.hatenadiary.jp

app-field.com

isuta.jp

written by ゆう@あんのうん