PlayMaker メモ

はじめに

ゆう@あんのうんです。

購入してから数年寝かし続けてきたPlayMakerをいい加減勉強しようと着手中で、本記事はその備忘録です。 (やる気が続けば・・・ですが、随時更新していきます)

基本機能

状態遷移

f:id:project-unknown:20170516013300p:plain ここで右クリックで新規に状態を追加。

Event

f:id:project-unknown:20170516013331p:plain ここでイベントフラグを付与して、冒頭の状態遷移に利用出来る

f:id:project-unknown:20170516013344p:plain

このFNISHEDは該当状態遷移の処理が終わる時に次の状態に遷移出来る。

Ecosystem

デフォルトのPlayMakerだとuGUI等を殆どいじることが出来ません(uGUI以前に作成されたAssetと言うのもあるので)。 そのような時様にアドオンを導入するための便利なパッケージ管理システムがEcosystemとなります。

公式のダウンロードページから、「EcosystemBrowser Package」をダウンロードしてきて、Packageをimportします。 すると、

f:id:project-unknown:20170516013359p:plain

PlayMaker > Addons > Ecosystem > Ecosystem Browserが導入されます。 起動すると、

f:id:project-unknown:20170516013413p:plain

こんな感じで、packageを検索してinstall, deleteが出来るようになります。

uGUI

uGUI向けパッケージの導入

上述の通りPlaymakerのuGUIは貧弱です、なので、Ecosystemを用いてuGUI向けの追加パッケージを導入します。

f:id:project-unknown:20170516013435p:plain

uGUIを直接いじるばあいは、uGui Proxyで十分なのですが、他のGameObjectからuGUIを操作したい場合は、Fullを入れておいて間違いが無いでしょう(必要な機能だけ入れようとしたのですが、依存関係の問題かエラーになってしまったのでFullで導入しました。

別のGameObjectから、uGUIを操作する。

https://www.youtube.com/watch?v=BYwkd80T5Zk こちらで紹介されているText操作をuGUI向けで実施します。 (uGUI以外の設定はyoutubeを見ながら設定してください)

ではEnter Stateになった際にuGUIを操作します。

f:id:project-unknown:20170516013455p:plain Enter Stateを選択し、 f:id:project-unknown:20170516013504p:plain アクションブラウザを押して f:id:project-unknown:20170516013726p:plain uGui Text Set Textを選択します。 後は、これまでのUI操作と同じで、以下のように設定すれば、別なGameObjectからuGUIを操作出来るようになります。 f:id:project-unknown:20170516013744p:plain

音楽

アクションブラウザ > Play Sound